1

「日本ユニセフ協会」が行っている主な支援、活動内容とは?

日本ユニセフ協会が存在し、日々活動している理由は、当然ながら世界中に健康や食事、教育などあらゆる面で困っている子供達がいるからではないでしょうか。単純に支援を行うだけではなく、その地域自体を成長させるためにも教育制度の充実も併せて求められます。

世界を見渡してみると教育を受けることができない子供の数が非常に多いのが特徴で、学校に通えない子供を学校に通わせるという支援や教育環境の充実にも努めています。日本ユニセフ協会が行っている、主な支援、活動内容をご紹介します。

日本ユニセフ協会の支援内容とは?

HIV感染防止などの保健に関する支援

特に支援内容に組み込まれることが多いのが保健に関する問題で、日本では一般的ではない命に関わる病気で苦しむ子供達を救う活動やHIVにかかわる支援活動もユニセフでは行っています。あらゆる国がこのような支援を必要としており、保健に関する支援が行われた国を挙げると、ナイジェリア、シエラレオネ、イエメン、シリア、バヌアツなどとなっていて、特定地域のみならず必要であればさまざまなエリアで世界の子供達を支援しているようです。

保健に関する支援は命に直結するものですから、特に重要視されています。国によって抱えている状況は大きく異なりますが、多くの人達による募金や寄付金を活用した支援により、かなりたくさんの命が救われているでしょう。コレラ、ポリオのような日本人にとってはまったく馴染みがないような病気対策をすることも行っています。

綺麗な水へ!衛生面の改善

そして、安心安全な日常生活を送るために欠かせないのが水と衛生面に関してです。日本のように綺麗な水が飲める環境下にある国は少なく、特に子供達への支援が必要な国であればなおさらでしょう。水が汚い、衛生的に問題があるという場所で暮らしていると非常に厄介な病気にかかってしまうケースも多いので、日本ユニセフ協会では水や衛生面に関する募金活動も行っています。こういった支援活動を世界の子供達は望んでいるという現状があるのではないでしょうか。

その他必要な支援とは?

他にも世界の子供達はありとあらゆる支援を求めていて、例えば「栄養」「売春やポルノ」「社会へのインクルージョン」「コミュニティ」「貧困」「児童婚」「女の子の権利」「児童労働」などについての活動が望まれているのです。

日本ユニセフ協会が行っている募金活動の種類

具体的な日本国内での活動には、まず募金活動が挙げられます。募金活動はユニセフを支える最も重要な活動で、数多くの人たちが募金により支援を行っています。ちなみに2016年度は176億円を超える金額が集まっており、この募金は恵まれない子どもたちのために有効活用されているのです。

日本ユニセフ協会では、募金額の約9割が個人の方からのものとなっており、これを可能にしているのは、様々な世界の子どもに関する情報発信でもあると思います。SNSを利用することによって多くの人たちに理解してもらうことによって、多額の募金が集まっているという現状もあるかもしれません。その他、企業からの募金が約7%その他団体からは4%学校から1%という割合となっています。1回きりの募金ではなくて継続的な協力のおかげで、世界に誇る支援活動を可能にしているのです。以下が主な募金方法になります。

  • ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム
  • 外国コイン募金
  • ユニセフ支援ギフト
  • ユニセフ遺産寄付プログラム

ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム

日本ユニセフ協会では、その他の形でも募金や寄付金を集めています。例えば、毎月一定金額を募金し続ける事が出来る「マンスリーサポート・プログラム」では、募金する側にとっても手間が省けるようなシステムになっており、募金を通じて支援をしたいけど、どこにすればよいかわからない、毎回行うのが面倒だという人には合っているのかもしれません。インターネットからでも申し込むことができ、1回だけの通常の募金と毎月の募金を選ぶことができます。

外国コイン募金

外国コイン募金というのは、文字通り外国のコインを使用し募金を行うという制度です。海外旅行などから日本に帰国した際に、現地の通貨のコインが余っている…ということもあるでしょう。使われることなく家の中で眠っているというのはとても勿体ないので、そんな時に、外国コイン募金という形で支援のために活用することが出来るとのことです。

ユニセフ支援ギフト

ユニセフ支援ギフトとは、子どものための知育玩具セットやノートなどの教育セット、はしかやポリオのワクチンなどのほか、テントや毛布など、支援物資を自ら選び、贈ることができる支援方法です。それぞれ品物の金額が異なりますので、自分に可能な範囲内で支援するこができます。

ユニセフ遺産寄付プログラム

ユニセフ遺産寄付プログラムは、自分が亡くなった際に、自分の財産などから、その一部を募金として寄付できるプログラムです。その中でも3つの種類があります。

  • 遺贈(遺言による寄付): ご自身の遺産を寄付
  • 相続財産から寄付:故人の遺産を寄付
  • お香典・御花料:お香典返しを募金として寄付

その他イベント活動

他にも募金活動は様々な形式にて実施していますが、それだけではなくてイベント活動を通しても募金を集めています。イベントの内容はそれぞれ異なりますが、イベントに参加した人は楽しみながら勉強することができ、その際に得た募金によって子どもたちも救われるというwin-winの関係になることができるようです。

寄付された募金のどのように使う?

募金活動により集められた募金や寄付により、教育、栄養、予防接種、飢餓、エイズ、保健、緊急支援、また暴力からの保護等の分野で使われています。主に乳幼児期から青年期まで世界中の子どもたちの支援をしているとの事です。以下が主な支援物資の例です。

  • 教育分野:子供用の鉛筆やノート、教材セットや遊ぶ道具など
  • 栄養分野:栄養素パウダーや治療用ミルクなど
  • 保健分野:経口補水塩、浄水剤、飲み薬、エイズ簡易診断キットなど
  • 緊急支援分野:毛布や貯水容器、簡易シェルターの設置など

※ユニセフ本部では、援助等の活動資金を個人からは直接受け付けていないみたいなので、このような各国の団体を通じて、集めているというのも事実のようです。広報活動~SNS、出版物、現地報告会などによって、世界の現状を伝える~

広報活動~SNS、出版物によって世界の現状を伝える~

日本ユニセフではSNSでの情報提供だけでなく、出版物も出していて、機関誌や白書などによって、実際に世界で起こっていることを日本の人に知らせる活動も行っています。今はインターネットが当たり前の世の中で、日本人が海外に行くことも多いですが、本当に助けを必要としている国に日本人が行くことは少ないですし、都市部のみを見て救いの手が必要なエリアは見ないことが大半でしょう。なので、観光客では分からないような地域の現状など、正しい情報の広報活動が必要なのです。

また、現地報告会を開催しており、ユニセフハウスにて海外の現場で発生していることなどを事細かに情報配信しています。その他にも全国の学校を回るキャラバン・キャンペーンやユニセフセミナー、リーダー講座、One Minute Video コンテスト、国際協力講座なども開催していて、特に国際協力講座などは専門性の高い講座となっています。サイトを見る限りでは、日本ユニセフ協会は情報の発信にとても積極的になっているといえるでしょう。

アドボカシー活動

困っている子どもを支援する活動も行っており、社会的に弱い立場の人を支援するという意味合いのアドボカシー活動にも注力しています。児童の権利に関する条約と呼ばれるものが1980年代後半にできましたが、これは名前の通り子どもの権利を守るためのものです。具体的には、日本政府などに対して、子どもの権利条約に基づいた調査、提言活動を実行すること、その他日本の子どもの問題についての重要支援が上げられます。

日本ユニセフ協会についてのデマ情報は本当?

ネット上では、日本ユニセフ協会についてのデマや誤った情報が出回っています。誤った情報の拡散は、日本ユニセフ協会の活動や支援者に大きな迷惑をかけることになりかねません。日本ユニセフ協会は本当に信頼できるのか、デマ・誤情報の事実を見ていきましょう。

“UNICEF東京事務所が本物である”

よく上がる誤情報には、日本ユニセフ協会が偽団体でUNICEF東京事務所が本物だという声です。同じユニセフという言葉が入っていますが両団体とも異なる役割を持つ団体なので、どちらが偽物・本物という定義はありません。UNICEF東京事務所とは、ユニセフの公的資金調達を行う日本の事務所であり、個人や民間の募金は行っておらず、政府の開発援助での資金協力などが行われる機関です。

一方、日本ユニセフ協会はユニセフ(国連児童基金)と協力関係のある国内委員会という立ち位置であり、日本でのユニセフの公式民間窓口です。広報や募金、アドボカシー活動はユニセフの合意を得て、活動を行っています。また、世界34ヶ国と地域に日本ユニセフ協会と同じ国内委員会が存在し、同様の活動を行っています。

“日本ユニセフ協会は認められていない団体である”

日本ユニセフ協会は、内閣府に認められている公益財団法人です。公益財団法人は民間の有識者により構成される第三者委員会を通じて公益性があるか審査を通過しないと名乗れないと法律で決められています。

日本ユニセフ協会が公益財団法人と名乗れている理由は、法律に基づいた審査を十分にクリアしているためであり、募金を不正利用するようなことはできません。また、不透明な活動とならないように、公益認定等委員会や監事、会計監査人によって事業内容と会計は周期的に監査を受けています。その報告はユニセフ本部にも渡り、さらに報告書や財務諸表なども公表されているので誰でも閲覧・確認ができます。

“日本ユニセフ協会が集めた募金が不正な形で使われている”

例えば、「募金の一部を職員や役員の給与や親善大使の報酬として不正に使っている」などのデマがあります。日本ユニセフ協会で集めた募金はユニセフに寄付されますが、一部は団体の募金や広報活動や人材育成など国内事業費として最大25%を当てているのは事実です。しかし、25%が全て人件費になっているわけではなく、また、本来の事業活動以外のために利用されることはありません。

日本ユニセフ協会は経費削減に力を入れているようで、経費を年間20%弱に抑え、各国のユニセフ協会内でもトップクラスの80%をユニセフに寄付しています。他にも親善大使は無償で活動に協力しており、役員へ車両の支給や貸与、運転手の雇用は行っていません。常勤の専務理事と業務を行う役員、会長を除き、他の職員はボランティアとして活動しているので、天下りの職員も存在しないとのことです。

日本ユニセフ協会はユニセフと日本政府から正式に認定されている団体であり、日本での法律や国際ルールに則って活動を行っています。デマや誤情報が拡散されていますが、公式の声明にもきちんと目を通し、安心して募金やボランティア活動に参加してみましょう。

日本ユニセフ協会、活動内容についての評判やコメント

日本ユニセフと言えば、私は親善大使のアグネスチャンさんの印象がありますね。

デマが流れて、すごく苦労して、嫌な思いもしたはずなのに、いつも子供たちに明るい笑顔を振るまっていました。その頃、私は転職して新しい職場にうまく馴染めなくて、悩んでいたのですが、アグネスチャンさんの活動を見る機会があって勇気づけられました。

TVで見ることは少なくなったけど、アジア親善大使にも任命されてるし、エネルギッシュな人だな~って、思います。

外国コイン募金利用したことがあるかも。確か、あれ日本ユニセフのやつだったような。海外旅行で色んな国を巡ってて、その国の硬貨を持ち帰るのが好きでした。でも、缶一杯にたまってしまったので、引越した時に思い切って全部募金しました。

思い出がつまってたけど、遠くの国の子供たちのために役に立つと思うと、募金して良かったなと思います。

日本ユニセフのマンスリーサポートをはじめたのが、2人の子供が大学を卒業した頃。自分の親が味わった、子供を自立させる大変さを知りました。
でも、世界には、成長できないまま命を失ってしまう子供たちがたくさんいる現実もあって、ちょうど、池上 彰さんがマンスリーサポーターになって、テレビで話をしてたのを見てたんだっけ。

所得税の控除も受けれますし、今は、世の中の役に立ってるんだなって実感が得られます。

ユニセフハウスに行ってきました!友達の子供と、うちのチビちゃんを連れて。
入口には日本ユニセフ協会って書いてたから、ユニセフと何が違うんだろう?って思いましたが、一緒なんですかね?
募金をピンハネしてるとかって噂も聞いたけど、デマみたい。

友達に誘われて行ってみて、展示を見たり、活動の話を聞いたりして、世界中には困っている人たちが沢山いるんだなと改めて感じました。子供たちも真剣に聞いていたので、良い教育の一環にもなったかもしれません。

まとめ:日本ユニセフ協会、拡大する支援の輪


ユニセフは児童の権利に関する条約に基づいて活動をしています。世界的な規模の大きさを誇る条約で、締約している国や地域はとても多く、熱心な活動が為されているのですが、子どもの権利を守ることができていると今の現状ではいえません。どんどん世界が平和になり豊かになればよいのですが、戦争も起こりますし、全く見通しのつかない状態になります。

世の中は常に発展しているように見えますが、取り残されているところがあるのも事実です。そのような国や地域に住んでいる子どもは特にその負の影響を受けやすくなってしまい、先進国で暮らしている日本人では考えることができないような経験をしているでしょう。

こういった現状を広報することも大切ですし、募金や寄付金によって救うことも大切です。2016年は176億円の募金が集まったとのことで、日本ユニセフ協会の支援の輪は広がっていますし、活動の範囲もとても広くなっており、今後も様々な内容の支援が繰り広げられるでしょう。

日本は平和なので世界の現状についてあまり知らないこともありますが、同じ地球上で生きているわけですから海外に目を向けることは大切で、必要に応じた支援活動を行うことは当然のことかもしれません。