募金や贈与に税金はかかるのか?

現代社会を生き抜くためにはお金が必要不可欠です。一般的な生活を送るために自ら働くなどして生活をしていきますが、天災や病気など様々な事情により莫大な費用が必要になるケースもあるでしょう。そういった際に自分の努力だけでそれらの費用を賄うことは難しいので、世間の人たちに対して募金や寄付を募ることがあります。実際に街角で募金や寄付金を募っている人たちを見かけますし、近頃はインターネットを活用する形で効率の良い募金活動が行われています。

そういった人たちに対して手を差し伸べてくれる人も多いので、場合によっては想定以上の金額が入ってくることもあるようです。ただ子供の治療を行う目的などで募金活動がなされていることが多いので、自分の元に直接入ってきて収入を得られるということではありません。現代社会の構造上こういった募金に頼らざるを得ないという状況がありますし、そういった人たちに対して手を差し伸べることが善だとする風潮があることも事実でしょう。

募金を得ることができた際に気になるのが税金についてはではないでしょうか。例えば自らの子供の高額な治療のために莫大な募金を集めた場合、それらの集められたお金は手術費用などの治療代金に充てられることになりますが、寄付金は消費税の課税対象とはならないようです。

寄付と贈与というのは異なりますが、贈与についても個人が行うのか、法人が行うか等によっても、贈与税を支払う必要があるないかなどが異なるようです。日本の税金に関する法律には様々なルールがあるようですが、例えば個人から個人へ贈与が行われる場合では、1人につき110万円までの寄付に対しては非課税といったルールも存在しているようです。ですが、ケースによって様々だと思うので、しっかりと調べて見たほうが良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする