RitaE / Pixabay

クレジットカードによる募金・寄付のお申込

最近の投稿

日本ユニセフ協会が行っている募金方法の中には、クレジットカードを利用したものもあります。どういうものかというとユニセフと提携したクレジットカードを使用すると、ショッピングでの利用額の一部がユニセフ募金として寄付されると言うものです。

こちらは三井住友カード株式会社からユニセフVISAカードが発行されています。現在年間で700万円近くがこの方法での募金で集まっているとの事です。わざわざお金を募金箱に入れたり、毎回手続きをして募金をしようとしなくても、元々募金をしようという気持ちがあれば、このカードを作って使用するだけで募金活動を行う事ができます。お買い物の度に、その分が寄付に繋がっていると考えると何だか気持ちが良いかもしれませんね。

こちらも申込みは、日本ユニセフ協会のサイトの中でも確認できますが、窓口は三井住友カードの入会案内デスクとの事です。

クレジットカードを利用した募金では、他にもあります。上に書いたような最初から募金を行うためにクレジットカードを作り、使用した分から寄付に繋がるというものではなく、単にクレジットカードで募金を支払うというものです。

クレジットカード番号と自分の連絡先を入力するだけで簡単に寄付が行えるので、銀行振り込みなどに比べると手軽です。インターネットバンクを活用した振り込みも可能だそうですが、事前に銀行側でインターネットバンキングの利用手続きをすませていないといけません。クレジットカードを用いた方法だと基本的にはそのような事もなく、1回だけの寄付、さらに毎月継続的に行われる寄付に申込をすることができるようです。

日本ユニセフ協会の「クレジットカードで募金」で使用できるクレジットカードの種類は、主に「VISA」「マスターカード」「JCB」「アメリカンエキスプレス」などですが、基本的には国内で発行されたものであれば問題ないそうです。 ユニセフ・マンスリーサポート・プログラムの場合には、現時点では一部使用出来ないカードあるもみたいですが、大凡のカードが使えるようです。 クレジットカードの種類によってはポイントが貯まる対象になるものもあるので、寄付をし、クレジットカード利用で得られるポイントの獲得も出来ます。

日本ユニセフ協会の公式サイトからクレジットカードでの募金ができ、募金のお申込みというページにアクセスをすると、「毎月定額を募金します」「今回(1回)募金します」から選ぶことになり、それぞれ両方とも自分で任意の金額を入力することができます。一応、クレジットカードの使用が難しい場合でもインターネットバンキングや口座振替により1回きりの募金やユニセフ・マンスリーサポート・プログラムができるようです。

日本ユニセフ協会による募金は上記のようにクレジットカードにも対応していますが、その他の方法にも対応しているので、自分にとってより良い方法で寄付をすれば良いと思います。例えば、街中で募金活動をしている団体の前に行き寄付をするのは恥ずかしいとか、周りから偽善者なのではないかと思われそうで嫌だ、といった意見もあるようなので、ネット上で申し込んだり、クレジットカードを使用するなど、色んな方法から選ぶことが出来るのは良いことかと思います。