nattanan23 / Pixabay

赤い羽根共同募金

最近の投稿

赤い羽根共同募金は、地域貢献を主な目的にしている募金団体です。中央共同募金が運営しており、毎年街頭などで募金活動を実施しています。赤い羽根共同募金が設立されたのは戦後間もない1947年で、当時は市民主体の取り組みでした。戦争によって大きな被害を受けた日本の福祉施設を中心に、戦後復興のための資金活動の一つとして始まった経緯があります。その後は社会福祉活動の推進のために活用されてきました。

現在の赤い羽根共同募金は、民間団体を支援するための仕組みとして活用されています。主に高齢者・障害者を対象にした事業や児童・青少年が対象の事業、そして被災者の支援などに募金が使用されています。

また、一般的な募金はまず目的を決めて募金活動を開始し、集まった募金額に応じて各用途へと振り分けを行います。しかし赤い羽根共同募金の場合、最初に使いみちと集める募金額を決定してから活動を始めるのが特徴です。赤い羽根共同募金では「計画募金」と呼んでおり、目的や募金額を明確にすることで住民の協力・理解を得やすくする配慮がされています。

赤い羽根共同募金で集まった募金額のうち、約70%が地域のために使われている点が大きな特徴です。各地域が抱えている問題の解決のためなどに用いられるため、地域貢献の色合いが強い性質があります。残りの30%に関しては、市区町村の枠組みを超えた広域な問題解決・支援活動に使用されています。ただし都道府県の範囲内で使用されているため、地域貢献という枠組みから離れることはありません。

各都道府県の共同募金会は、赤い羽根共同募金の一部を災害等準備金として積み立てています。災害が起きた際の災害ボランティアの活動支援、物資の支援など、様々な用途に用いられています。

このように、地域貢献・災害など多用な目的に使われている赤い羽根共同募金は、様々な寄付・募金方法を提供しています。街中で募金活動している時もありますが、インターネットを利用した募金も可能なため、募金箱以外で寄付をするのもおすすめです。例えばオリジナルグッズ購入による寄付や、クレジットカード・ネットバンクを使った直接寄付、スマートフォンのアプリ募金など、様々な方法があります。使いやすい方法を選んで募金できるのです。

赤い羽根共同募金は地域を良くするための募金です。用途がしっかり明確にされていますので、地域貢献を考えている方には最適ではないでしょうか。