Bairyna / Pixabay

日本動物愛護協会が行う動物への募金や寄付

最近の投稿

公益財団法人の日本動物愛護協会は、様々な動物を愛護するための団体です。
動物が暮らしやすくて幸せになれるような世の中を作るべく活動しており、様々な情報提供を行っています。例えば実際にペットを飼う前段階に知っておきたい情報やペットと災害について、また近頃導入する例の多いマイクロチップ、そして地域猫活動の啓発活動などにも日本動物愛護協会は取り組んでいます。

寄付は一般寄付と個別の動物のための寄付に分れています。単に情報提供を行うのみならず、募金活動にも熱心に取り組んでおり、その資金を活かして動物にとっても、そして飼い主にとってもメリットを生み出しています。

一般寄付によって集まった募金は動物愛護活動や災害対策活動に使用されることになり、個別動物のための寄付に集まった募金は飼い主がいないペットの飼い主を見つける活動や殺処分低減活動に活用されます。どちらの種類に寄付を行うか自ら選ぶことができるので、自分の思いを込めて募金活動が行えるでしょう。

日本動物愛護協会の会員になると会誌会員以外の回避や寄付金は所得税の控除対象となるので、ただ寄付をするのみならず恩恵も受けられます。募金をする際に必ずしも会員になる必要はなく、非会員であってもクレジットカードや郵便振り替え、銀行振り込みによって1回から寄付できます。またクレジットカード決済にて毎月自動で寄付ができるシステムも用意されているので、動物愛護に携わりたい人はこれを選択すると良いでしょう。

日本にも多数の動物がいるため大勢の人がしっかりと動物について把握していると思いがちですが、実はあまり知らなかったというケースがとても多いのです。そういった知識を得てもらうための活動として動物愛護講座や広報誌の出版を行い、積極的に動物の詳細や現状を伝えています。

また近頃かなり大きな問題となっているのが飼い主のいない動物の存在です。最悪のケースになると処分されるケースもあるので、日本動物愛護協会では募金を活用して新しい家族探しに力を入れています。こういった問題が発生する要因には飼い主の意識不足もありますが、避妊すべき動物に対して避妊手術が行われていないという理由も見受けられます。
手術代がネックになることも多いのですが、その資金に関しても助成をしており、その他様々な動物に関するアドバイスをしている点も特徴です。

幸せな動物を増やすための活動を徹底的に行っており、急に訪れる災害で苦しんでいる動物を救援するための体制も整えています。動物に関する様々な事柄に募金が活用されており、多大な貢献をしているといえます。