flober81 / Pixabay

クリック募金

未分類

募金というのは一般的には募金を行う人が自らのお金を募金箱に投入したり、送金をしたり、クレジットカードにより支払うケースが多いと思います。近頃はクリック募金という誰もが気軽に行える方法が根付き始めています。

クリック募金という名前の通り、クリックをするだけで募金ができるシステムで、例えばパソコン上の指定されているバナーやテキストをクリックして指定のサイトに遷移をするだけで自動的に募金になったり、スマホの場合でも同様にタップをして指定のサイトに行くだけで募金が完了する仕組みです。募金という名前ですが、自分の所持金からお金が支払われるわけではなく、例えば画面が遷移して飛んだサイト企業が支払うケースなどがメジャーです。

1日に何度も同一のサイトに訪れても募金されるわけではなく、大抵の場合は1日に1度と定められています。これはパソコンやスマホなどに記録されるクッキーで管理をされています。実際にクリック募金を扱っているサイトは日本にもいくつかありますが、各企業と提携しており、それらの提携企業のサイトを訪問することにより自然と募金が行われることになります。
安心できるクリック募金サイトを活用すれば問題はありませんが、そうでなければクリックやタップをして遷移したサイトが悪質サイトだった…という例もあるので注意しましょう。クリック募金を行おうと思った際には、まずは安心できるクリック募金サイト見つけて登録をすると日常的に安心して自分のクリックにより誰かを救うことができるようになります。

遷移するサイト側の企業はサイト訪問されるので自社の認知度を高められ、さらに社会貢献も同時にできるので、メリットが享受できますし、さらにクリックやタップをする人たちは自分の懐を傷めることなく気軽に募金が行えるため、双方にとって理想的な制度となっています。このクリック募金という仕組みは以前からありますが、年を経るに従って様々な形に変化をしはじめ、アンケート形式の募金制度なども目につきます。

インターネットの普及に伴い以前では考えることができなかったような募金システムが誕生しており、クリック募金もその中の1つとなります。敷居の高かった募金活動を身近な存在にしてくれ、なおかつ誰も損や嫌な思いをすることがない制度だと思います。