shaking-hands-2499612_1920

日本ユニセフ協会と長谷部誠の関係とは?ユニセフ親善大使の給料はいくら?

ユニセフには「ユニセフ親善大使」に就任している著名人が複数います。世界中の子どもたちに覆いかぶさっている問題を訴え、支援を呼び掛ける活動を広めるための強力なサポーターです。ユニセフ親善大使には、芸能や文化スポーツ界で活躍さている方々が就任されていますが、今回は現役のプロサッカー選手として有名な長谷部誠選手とユニセフの関係性についてご紹介していきましょう。

日本ユニセフ協会大使に就任している長谷部誠とは?

ユニセフ親善大使に就任している長谷部誠選手は、2001年にJリーグ「浦和レッズ」に入団し、その8年後ドイツのプロサッカーリーグのアイントラハト・フランクフルトに所属し現在に至ります。親善大使に就任するきっかけは、飛行機に乗った際たまたま手にとった1枚のユニセフの封筒でした。

そこには国内地域で取り組んでいる活動内容や世界の子どもたちに起きている現状が書かれていて、自分にも何かできることがないかと考えユニセフの支援活動に協力することを決意します。世界の子どもたちへの支援を長年サポートし続けた結果、2016年12月24日に日本ユニセフ協会大使として就任しました。

ユニセフ親善大使の任務の目的とは

1954年に世界的なコメディアンのダニー・ケイさんが最初のユニセフ親善大使に任命され、その後も世界で活躍する著名な俳優や歌手、アスリート選手などがユニセフ親善大使に任命されるようになりました。そして、日本では長谷部誠選手が任命され活動しています。

ユニセフが親善大使を任務する最大の目的は、才能や業績、知名度を活かしより多くの人たちに支援活動への関心を持ってもらうためです。マスメディアを通した広告活動や紛争地域や被災地への訪問、政界への働きかけなどを活動内容としています。

長谷部誠選手の主な活動内容

では、長谷部誠選手はユニセフ親善大使としてどんな活動をしているのでしょうか。

2010年9月…ユニセフCMを通じて世界の子どもたちへの支援をPR
2011年5月…東日本大震災チャリティイベント「PASS THE MESSAGE」を開催
2011年6月…著名の印税やイベント収益金を被災した子ども達に支援
2012年6月…アフリカ干ばつ募金で集まった資金を被災地に贈呈
2013年3月…ユニセフ協力CMをJALの国内・国際線全便で放送
2014年12月…スマトラ沖地震で被災したバンダ・アチェを訪問
2015年2月…新しい公共CM「被災地で、世界で、子どもたちにやさしいまちづくりを」公開
2016年12月…日本ユニセフ協会大使に就任
2017年5月…ワクチンを届けるためにエチオピアを訪問

長谷部誠選手は、日本ユニセフ協会大使に任命後、数々の支援活動を通してユニセフの輪を広めています。給料がどのくらい発生しているかを調べてみたのですが、下記によるとユニセフ親善大使は無報酬でユニセフの活動に協力しているそうです。

ユニセフ親善大使は、世界の子どもたちが直面する問題を訴え、子どもたちへの支援を呼びかけるため、全くの無報酬で、ユニセフの活動に協力くださっています。
引用:ユニセフを応援する著名人の方々

なので、日本ユニセフ協会大使である長谷部誠選手も同様に無報酬で活動に協力しているのではないでしょうか。