8

「ケア・インターナショナル ジャパン」が行っている主な活動内容とは?

ケア・インターナショナル ジャパンは、公益財団法人で世界中あらゆる国で女性や女子に対しての活動を行っています。
開発途上国や戦闘などによって何らかのトラブルを抱えている地域においては、特に女性や女子が弱者になりやすいという現実があります。
ケアはアジアのみならず、アフリカや中東などでも活躍しており、平均すると1年あたり約6500万人ほどに何らかの支援を行っているのが大きな特徴でしょう。

ケア・インターナショナル ジャパンが最も重要視している点は、貧困のない世の中を作るということです。貧困を解消することはとても難しいことですが、地道な支援活動によって徐々に実を結びつつあります。

その支援活動内容はとても幅広く、緊急を要する支援活動にも力を入れています。
緊急支援と言うと地震災害や紛争などによって困っている人たちに手を差し伸べるというもので、それぞれの地域によって求められるニーズは異なるので、それをしっかりと察知した上で本当に必要とされる支援をしているのが特徴です。

また、水に関する取組にも真剣で、安全に飲める水をその地域に住む人達が入手できるような取り組みを行っています。水は誰もが必要としている存在ですが、貧困で喘いでいる国の多くは水を入手することが難しく、汚れた水を飲んで日々生活しているという実態があります。
こういった問題で困っている国の多くが衛生面に何らかの問題を抱えていますが、安全な水の確保によって衛生面の良化につながるのです。

他にも農業面での支援活動にも尽力しており、効率の良い農業の方法を指導したり、様々な形でトレーニングを行うことによって、より生産性を高めます。日常生活を送るためには食べ物が不可欠ですから、農業が可能になると生活が潤いやすくなり、貧困対策にもつながります。
支援方法の中にはその場限りのものも少なくありませんが、農業支援という形であれば、今後永続的な発展が見込め、非常に有意義な活動内容になると思われます。

そして地域によってはHIV、エイズに関する問題がかなり大きな課題となっていますが、ケア・インターナショナル ジャパンではそれらで悩む人たちが医療サービスを受けやすくしたり、コミュニティ教育をしたり、場合によってはコミュニティに生活資金面の支援を行っています。

これらの他にもケア・インターナショナル ジャパンでは多種多様な内容の活動を行なっており、主に女性や女子に希望を与えているのではないでしょうか。

コメントを残す