「HERO」が行っている主な活動内容とは?

7

HEROはNPO法人で、子ども達に夢や希望を与えるための活動を行っています。
他にも海外で活躍しているNPOは様々ありますが、HEROはそれらの中でも比較的新しく、他とは一線を画した内容の支援をしているのも特徴でしょう。
掲げている目標は「誰かに希望を与える」ということで、HEROで支援を行う人は誰か一人に希望を与えてその子にとってのヒーローになるということを目指しています。
確かに子どもにとって憧れのヒーローは大切な存在で、そういった存在の人がいると自分も夢や希望を持ちやすくなり、それを叶えるために努力できるようになるでしょう。

ただし開発途上国においては日本とは異なった現状にあるため、簡単に夢や希望を叶えることは難しい場合もあります。そのためにHEROでは、単純にヒーローになるだけではなくて、教育を受けられていない子どもが通うことができる学校を作り、無料で通えるようにするという活動を行っています。
実際に2010年の10月には1校目となる小学校を建て、子ども達が学べる場を作り上げました。HEROの設立は2011年のことなので、実は1校目を作った時にHEROは誕生していなかったのです。
それ以降学校が必要な場所に次々と新しい学校を建築し、しっかりと勉強ができる場を作り上げてきました。
日本にある小学校などとはもちろん校舎の大きさが異なりますが、数百名の生徒が在籍している学校も珍しくなくて、非常に有意義な支援活動を行っていることがわかります。
現時点で13の学校が建てられていますが、今後もHEROの支援によって新しい学びの場が誕生するでしょう。

HEROの支援内容には、マイクロ養豚バンクというものもあり、毎日の生活が苦しい家庭の人達が豚を育てて、立派に育つと業者に売却をしてお金を得るという支援です。毎日の生活で困っている人の雇用対策にもなり、金銭的な面で悩んでいる人たちを助けることにつながるでしょう。

他に、給食プロジェクトという取り組みも用意されており、専用のアプリを使って飲食店の予約をすると、食べるものがなくて困っている子どもたちに食料が提供されるという支援活動もHEROでは実施しています。

それ以外にもソーシャルクリニック、スタディツアー、ビジネスインターンシップといった多くの内容の活動を日々実施しています。
誰かのHEROになるための支援活動のために、多くの人たちが協力している現状があるのですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする