geralt / Pixabay

「世界結核デー」とは?

最近の投稿

3月24日は「世界結核デー」として制定されています。世界結核デーは、1882年、細菌学者のロベルト・コッホが初めて結核菌の発見を発表した日でもあります。それにちなんで、1997年に世界保健総会にて3月24日を世界結核デーとして制定しているのです。そんな世界結核デーについてご紹介しましょう。

■世界結核デーについて

世界結核デーのテーマになっているのは、「結核流行終息のために団結しよう」というものです。結核は、日本において乳幼児期の予防接種が義務付けられていますが、世界で新たに発症する人は年間で960万人に上ることがわかっています。

また、その中で命を落とす人は年間150万人で、特に低・中所得国、貧困層を中心に蔓延しているのです。中には、治療が難しい多剤耐性結核や結核とエイズの重複感染も少なくありません。結核流行終息に向けて団結しようとする世界結核デーは、世界のあらゆる関係者が一丸となって取り組むべきとして注目されています。

■結核流行終息のためには

現在、半世紀ぶりに開発された「ベダキリン」と「デラマニド」の結核薬によって、多剤耐性結核における治療が変わり始めています。効果が高く副作用が少ない新薬を導入したことで、結核に感染した人が日常を取り戻すことができたケースも増えてきているのです。しかし、新薬の導入はまだまだ進んでいるとは言えません。これまで多剤耐性結核の診断を受け、最初の治療で副作用と関節の激痛、両脚の痛みを訴えていた患者の1人は、最近になるまで新薬の新たな治療法についても知らなかったといいます。

新たにデラマニドの新薬を用いる治療法に切り替えたことで、副作用が起きることなく、無事に治療を終えることができたそうです。このようなケースは、世界的にまだまだ多く、新薬の可能性を広げる取り組みの必要性を訴える人々も大勢います。たとえば、国境なき医師団は、ミャンマーで運営する結核対策プログラムで新薬をどこよりも早く導入しています。国境なき医師団もまた、世界での結核流行終息に向けて、新薬の可能性を広げていくよう呼び掛けているのです。

世界結核デーは、結核流行終息に向けて世界レベルで団結することの重要性を再認識する日でもあります。結核患者は世界的に大勢います。そういった結核患者を1人でも多く救うためにも、新しい結核治療を届ける必要があるのです。結核は、国境の関係ない感染症だということを一人ひとりが認識し、結核流行の終息実現に向けて取り組むことが大切です。