6

「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」が行っている主な活動内容とは?

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、イギリスで誕生した国際NGOでなんと100年ほどの歴史を誇っています。日本では30年ほど前に誕生し、それ以降世界中で子どものための支援活動を行っています。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが掲げているビジョンには、子どもの権利を守るというものがあり、その実現に向けて様々な内容の取り組みが日々なされています。
現時点で日本以外の国では子どもが良くない状況に置かれていることも多く、それを何らかの方法で解決しようと試みています。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは単純に支援活動を行うだけではなくて、質が高くて現状に甘んじない内容の取り組みに一生懸命です。

具体的な活動内容には、大きく分けて「緊急・人道支援」「保健」「教育」「保護」「防災」などに分類することができ、最も必要だとされる支援活動を見極めて誠実に活動をしています。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは日本以外の開発途上国などで各種取り組みを行っている印象がありますが、実は日本国内においても支援が必要な子どもに手を差し伸べる取り組みをしています。例えば、東日本大震災によって被害を受けた地域において子どもの保護活動や教育に関する活動をして、多くの人たちに喜ばれました。このような災害は日本のみならず他国においても発生しており、フィリピンやイエメン、モンゴルなどで緊急性のある人道支援をしています。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの活動

そして子どもたちを取り巻く環境をよりよくするためには、保健や衛生に関する取り組みを行う必要が出てきます。例えばアフリカなどにおいてHIVが猛威を振るっていて、何も罪がない子どもたちが苦しんでいるという状況です。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンはそういった子どもたちにも手をさしのべており、HIVの感染予防やすでにHIVやエイズで苦しんでいる子どもを保護しています。

日本をはじめとした先進国では基礎教育は当然のように施されており、ほぼ全ての子どもが当然のように学びの環境を提供されています。
暮らしの質を高めるためには何よりも教育が重要ですが、開発途上国などにおいては教育環境が整備されていません。例えばインド、ネパールなども同様で、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンではそのような国々で教育に関する支援活動に力を入れています。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが果たしている役割は非常に大きく、多種多様な内容の支援活動によって世界中の子どもたちに貢献しているのですね。

コメントを残す