「チャイルド・ファンド・ジャパン」が行っている主な活動内容とは?

5

チャイルド・ファンド・ジャパンは、子どもの権利を最優先に考えた取り組みを行っています。支援活動内容は複数あり、子どもを中心に考えた地域開発支援活動にも力を入れており、これによって教育環境の改善や栄養面の改善、さらに生活しやすい地域を作り上げることが可能です。
第三者的な目線で支援活動を行うのではなく、それぞれの地域で必要とされている内容の取り組みがなされているため、非常に大きな成果をあげられています。
全世界的に子どもの権利を守ろうという動きが広まっていますが、現状ではそれを実現させられていません。当然被害にあうのは子どもとなるので、それを防ぐための支援活動もチャイルド・ファンド・ジャパンでは行っているのです。

また、緊急・復興支援にも注力しているのがチャイルド・ファンド・ジャパンの特徴で、世界各地で様々な理由で困っている子どもに手を差し伸べるという内容の活動も行なっており、自然災害や世界各国で発生している紛争などで苦しんでいる子どものための支援事業もチャイルド・ファンド・ジャパンの柱となっています。
世界各国あらゆる場所で多くのトラブルが発生していますが、自国で解決できないケースも数多くあると思います。そんな時にチャイルド・ファンド・ジャパンの緊急・復興支援活動が役に立ち、多くの人たちに救いの手を差し伸べることになるのです。

そして、チャイルド・ファンド・ジャパンでは、アドボカシー活動にも積極的で、子どもが安心して暮らしていけるような環境を作り上げるための支援が行われています。主に開発途上国において子どもの権利が損なわれている現状がありますが、それを広報し、情報を拡散し続けることもチャイルド・ファンド・ジャパンの責務なのかもしれません。

主にフィリピンやスリランカ、ネパールで活動していますが、いずれの国も助けを必要としています。どうしても子どもの保護は後回しにされがちですから、チャイルド・ファンド・ジャパンが支援活動を行う必要性があるのです。

生きる権利や育つ権利、守られる権利、参加する権利を子どもたちが得られるような内容の支援をチャイルド・ファンド・ジャパンは長年にわたって続けており、適切なビジョンやミッションも設定されています。
また上記した活動のみならず、チャイルド・ファンド・ジャパンは里親支援活動にも積極的で、アジアの開発途上国が抱えている子どもに関するマイナスの状況を変えようと日々取り組んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする