ambadysasi / Pixabay

「NPO birth」が行っている主な活動内容とは?

最近の投稿

「NPO birth」は私達の身近にある自然やみどりをテーマに活動を行っているNPO法人で、市民が参加・活動している点が特徴です。様々な団体と連携して多種多様な活動を行っており、実務活動と中間支援活動を柱にしているそうです。

主な実務活動は、自然環境教育や解説、広報活動などです。特筆すべきは自然教育で、人と自然の繋がりを作るための重要な活動になっています。自ら自然環境を調べて現状を知り、それを保全するとともに、環境教育や一連の活動を通して人々へ伝える役割を担っています。特に自然を体験できるプログラムの実績が多く、雑木林の管理手法から乳幼児向けの体験教室まで、様々なプログラムを提供しています。他にもレンジャーによる公園緑地などの巡回、里山などの環境保全の活動も行っています。

NPO birthはセミナーや各種イベントを企画・開催しています。例えば大人数が参加する田植えのイベントや、自然に関連したワークショップなど、幅広いイベントを実施しています。また、こうした活動を通じて人と人との繋がりを作ることにも力を入れており、ボランティアのコーディネートやコミュニティの形成も行っています。自然に関連した市民グループの設立の支援や運営サポート、技術の支援提供など、人と人の繋がりを意識した様々な活動が特徴です。

もう一つの主要活動である中間支援活動も、細分化すると多用な活動を実施しています。NPO birthで行っている中間支援活動は、大きく人材育成とコンサルティングに分けられます。

中間支援活動の一つである人材育成に関する活動は、市民はもちろん民間企業や官公庁なども対象にしています。現場力を重視した実務的な研修を通じ、人材育成を行っているほか、ボランティアのコーディネートなどの支援活動も実施しています。また、インターンシップ制度を設け、自然をテーマにしたセミナーを開催するなど、人材育成に必要な活動を精力的に行っています。

コンサルティング活動も幅広く、NPO birth最大の強みである実現力を活かしています。公園緑地の管理や運営や総合的な相談のほか、レンジャーの導入・安全管理システム構築などの個別相談も受け付けており、今までのノウハウを活かした適切なアドバイスを受けられます。今後も人と自然、人と人との繋がりを重視した、多くの企画やイベントを開催していくことでしょう。