GoranH / Pixabay

白門飛躍募金とは?

最近の投稿

白門飛躍募金は、中央大学が行っている募金の一つです。中央大学では、この他にも教育環境充実資金募金など、様々な募金を募集しています。

主に白門飛躍募金は「ChuoVision2025募金」と「中央大学サポーターズ募金」の2種類に分かれており、それぞれ使用目的が異なっています。前者のChuoVision2025募金は、中長期事業計画(ChuoVision2025)のための資金に、後者の中央大学サポーターズ募金は施設の整備・教育研究活動支援・学生支援などの目的に使用されます。

ChuoVision2025募金は期限が2025年までと定められていますが、中央大学サポーターズ募金は設定されていません。白門飛躍募金へ募金する際は、このいずれかを選んで寄付・募金を行うことになります。

また、募金を募集している対象は限定しておらず、学校関係者や卒業生はもちろん、一般の方からも募金を募っています。一般企業などの法人や各種団体も対象になっており、誰でも募金することが可能になっています。そのため、募金をするにあたっての条件は設けられていません。ただし、法人・団体の場合は手続きの方法が少し異なりますので、事前に事務局へ問い合わせることをおすすめします。

白門飛躍募金の募金額は、個人が一口1万円以上から、法人と団体は一口あたり10万円からとなっています。個人に関しては一口1万円以上という目安が設定されていますが、金額に関わらず受け付けているようです。一度に何口の募金を行うかは任意で、いずれも税額控除や所得控除の対象になっています。

個人と団体の場合、募金をする方法はインターネット経由、またはゆうちょ銀行や郵便局、銀行からの振込のいずれかを選択できます。インターネットによる募金は中央大学Web募金サイトから可能で、クレジットカード決済やコンビニ決済、ペイジーなどに対応しています。ゆうちょ銀行や銀行からの振込は所定の振込用紙を使用するため、まず送ってもらう必要があります。ゆうちょ銀行や一部銀行本店・支店から振り込んだ場合は手数料不要で募金できます。

なお、募金を行うと感謝状や記念品が贈呈される場合があります。募金額にもよりますので、気になる方は事前に問い合わせておきましょう。

白門飛躍募金は教育関係に使用されるのが大きな特徴です。中央大学の事業や教育を支援したい方や、もし内容に賛同できた場合は、募金を検討してみてはいかがでしょうか。